楽天KoboとアマゾンKindleの比較

楽天KoboとアマゾンKindleはどちらが良いの?

本は私たちの知的好奇心を満たしてくれる素敵なアイテムですが、大量にあるとかさばって部屋のスペースがなくなってしまうという問題があります。

その点、近頃普及しつつある「電子書籍」ならいくら購入しても邪魔になりませんし、持ち運びしやすくて野外でも読書を楽しめるというメリットがあります。

読書好きな方にとって、電子書籍リーダーは不可欠な商品と言えるでしょう。

 

現在電子書籍の市場では、楽天の「Kobo」とアマゾンの「Kindle」が人気を二分しています。

単に電子書籍を読めればよいというのであればどちらを選んでも問題ありませんが、ここでは細かいポイントに着目して両者の特徴を比較してみましょう。

 

まずはシェア率から。世界的にみると、現時点ではKindleの方がKoboを上回っています。

やはり国際的な流通ネットワークを持っているアマゾンの方が新商品のリリースに強く、楽天は遅れをとってしまったという印象を受けます。

 

次は価格です。

本体価格自体はどちらも同じくらいですが、全体的にKindleの方がストアに安い電子書籍を並べています。

しかしKoboには楽天グループの強みがあり、ポイントやクーポンを使って人気の書籍を格安で購入することができます。

 

そして、デザイン。

Kindleは全体的にシンプルな外観になっていますが、Koboは様々な年代のユーザーに合わせてオシャレなデザインの商品をそろえています。

と言っても、この辺りは個人の好みの問題になってくるので、甲乙つけがたいものがあります。

 

結局どちらが良いという事はありませんが、シェア率を重視するならKindle、楽天を頻繁に利用する方はKoboを選べばよいのではないでしょうか。

サブコンテンツ

このページの先頭へ