声優になるためにすべきことのステップ

声優という仕事はとても多く、憧れる職業の1つで人気があります。

声優というとアニメや外国のの映画の吹き替えの仕事などがメインになってくると思います。

 

しかしそれ以外にもテレビ番組やCMなどのナレーションや駅構内、デパート・百貨店、携帯電話などの音声アナウンスラジオパーソナリティ、イベント司会など幅広い活動をするのが声優です。

 

こうした声優の仕事は誰でもなれるわけではなく、技術が求められます。

言葉には大きな力がありますので、流暢な話し方、発音が正確できれいであること、イントネーション、その他にも伝えるための技術が必要になります。

 

そしてアニメや映画の声優になるために演じる力というものが当然求められてきますし、自分がそのキャラクターになりきることができなければなりません。

また声優は多くの人と関わりながら仕事をすることになるのでコミュニケーションやマナー、礼儀といった基本的なことができることが大切になります。

 

そしてもうひとつ、声優になるためにはどこかに所属することが求められてきます。

そうした所属のプロダクションと契約をして初めて、声優としての道が開かれていきます。

 

それで声優になるためにはトレーニングが必要になってきますので、声優の専門学校などに入って訓練を受けることが早道になるかもしれず、そうしたところで声優のためのいろいろな情報を得ることができます。

それは声優のための大きなステップになります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ