ショパンの「別れの曲」に何も感じない人はいないのでは

この有名なピアノソロ曲を聞いて何も感じない、心を揺さぶられることはないという人はおそらくいないでしょう。

別名「ピアノの詩人」とも言われるショパンはピアノソロの名曲をたくさん作曲していますが、その中でも最も有名なのがこの「別れの曲」でしょう。

 

日本では「別れの曲」という名称であまりにも有名ですが、この名称は本当の名称ではなく、言わば愛称のようなもので、本当は「練習曲作品10-3」という、特には別れや別離をテーマにして作曲された作品ではないようです。

 

テレビや映画の別れの場面や物悲しい場面でよくつかわれている曲ですし、別れ関連の行事でもバックグラウンドとして使われることもすくなくありませんので、この曲を聞くと「別れ」とか「別離」などを感じる日本人は多く、何かの場面とそのバックグラウンドに流れているこの曲を思い出して、切ない感情をよびさまされたり、思わず泣けてくるのではないかと思われます。

 

それに切なく哀しい感情だけでなく、どこか懐かしさをも感じる人もいるでしょう。

 

しかし、この曲が作られた経緯はどうであれ、この曲の美しいメロディーは人の心を引き付けることは間違いありません。

ピアノソロ曲としてだけではなく、世界中の音楽の中でも一番美しい曲と表現してもいいかもしれません。これほどの美しいメロディーがこれから生まれることがあるのだろうかと感じるほどです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ