移動しながらも使えるWiMAX

WiMAXはプロバイダ契約が別にあるインターネット回線の契約で、移動しながら使えるというメリットがあります。

プロバイダ選びは過去に使ったことのあるところや知名度の高さなどで選んでもかまわないでしょう。

 

スマートフォンの回線との同時契約で大幅に代金が安くなるプランもあるため、利用状況によってはそちらを検討したほうが良いでしょう。

WiMAXはモバイルwifiルーターが用意されており、パソコンの屋外での使用がある場合が最も威力を発揮します。

 

スピードは光インターネットよりも数値的には低いですが、パソコン自体のeifi規格のスピードの限界値がそれほど高くないので室内で無線接続した場合の光インターネットと比べ、大きく劣るということはありません。

 

一方デスクトップでインターネット接続して回線スピードも限界まで追求してネットをしたいというのであれば光インターネットのほうが有利となります。

 

WiMAXのメリットは移動しながら高速インターネットが使えることですが、北海道の中心を除いた地域や九州の山間部や沖縄の一部などは対応エリアではないため、事前に自分の住んでいる地域とサービス提供エリアを確認したほうが良いでしょう。

 

WiMAXのサービスエリア外では移動せずにインターネット接続も出来ません。

整備自体は年々進む傾向にあるようです。

 

WiMAXのサービスとして公衆無線LANスポットの仕様が可能です。新

幹線の車内など20万箇所でサービスを展開しており、速度制限がないこともメリットです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ