ドコモ光なら組み合わせ次第でお得になる

ドコモのスマートフォンを利用していて、データ通信契約があるならば、ドコモ光へ切り替えることにより通信料金の割引が出来ます。

新たにドコモ光を引いても、既存のフレッツ光回線をドコモ光に転用することも出来るので、今までのプロバイダーを乗り換えなくても問題ないケースが多いです。

 

ドコモ光の仕組みを理解するためには、光コラボレーションモデルについて理解しておくと話が早くなります。

NTT東西が敷設した光回線を、NTT東西と契約している状態がフレッツ光回線契約です。

 

NTT東西はNTT法の規定によりプロバイダー事業が禁止されているので、別途インターネット空間へ繋ぐプロバイダーとの契約が必要となっています。

NTT東西が敷設した光回線をNTTdocomoに対して卸売販売することにより、NTTdocomo自社光回線として販売出来るようになったものがドコモ光です。

 

このため、ドコモ光にはプロバイダーとのセット契約が出来るAタイプとBタイプ以外にも単独というタイプが存在します。

プロバイダーごとに料金設定が異なる点を分かりやすくして、AタイプとBタイプに料金を統一させている状況です。

 

今まで使っているプロバイダーはそのままで、光回線部分をフレッツ光からドコモ光へ切り替えれば、固定通信とスマートフォンを同じ会社が提供することになるので、セット割引が適用出来るわけです。

固定回線とスマートフォン回線を紐付けることで、スマートフォン側のデータ通信契約内容に応じて割引適用を受けられます。

 

既にドコモのスマートフォンを使っていて、フレッツ光ユーザーならば迷わずドコモ光に乗り換えるとお得になります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ