とても退廃的・未来的でサイバーなサウンド【Project DIVA】 Idol Talk 【マクロスプラス】


 

この動画はPSPソフト初音ミクのPV編集モードで作成したEDIT動画ということです。

 

1994年から1995年にかけて発売されたOVA「マクロスプラス」の劇中曲「idol Talk」の音楽に乗って初音ミクが踊ります。

 

90年代のアニメファンならば、ある程度誰もが知っているマクロスプラス。

マクロスプラスは、ボーカロイドという概念を先取りしていた作品でした。

 

マクロスプラスに登場するシャロンアップルはバーチャルアイドルで大衆の感情をセンサーし感情の欲望をモニターして、大衆の思うが儘の対象に、その姿形、歌声を変化させるという存在でした。

 

楽曲「idol Talk」は言わずと知れた菅野よう子さんが作曲したとても退廃的で、未来的で、サイバーなサウンドです。

この「マクロスプラス」での菅野さんの仕事は当時、アニメサントラの潮流を一変させたと言われています。

 

そんな菅野さんが作曲したアニメ界の名曲に、現代のバーチャルアイドルを出現させたありそうでなかったこのコンセプチュアルな動画は過去のアニメの未来世界を現実に出現させたエポック的な作品だと言ってよいと思います。

 

いつもとはちょっと違うミクの妖艶な姿と曲にマッチしたカメラワークはなかなかのものです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ